スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久野和洋先生との交信

 大変恐縮な事でしたが、武蔵美事務局のお骨折りにより、
久野和洋先生と40余年振りにコンタクトできました。
先生自ら電話をいただき、画集までお送り下さいました。
現在は教職を離れ自宅アトリエで製作されているとの事で
したが、画集を拝読させて頂いて先生の画業の重厚さに
感銘いたしました。
館林県立美術館で偶然拝見した絵は「地の風景」シリーズの
大作でしたが作者名からあの久野さんではないかと40年前の
記憶を辿り寄せた次第でした。彫刻課の副手としての先生しか
知らなかった私は余りに不覚で礼を失していました。
地の風景 坂の道


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。